横浜市で不動産売買をお考えなら仲介手数料最大無料の建和株式会社 > 建和株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 売買で仲介手数料無料になるのはなぜ?~仲介手数料の仕組み~

売買で仲介手数料無料になるのはなぜ?~仲介手数料の仕組み~

≪ 前へ|野島公園駅周辺の住みやすさは?評判や治安・利便性をチェック!   記事一覧   不動産売買で消費税がかかるケースと仲介手数料無料のカラクリ|次へ ≫

売買で仲介手数料無料になるのはなぜ?~仲介手数料の仕組み~

売買で仲介手数料無料になるのはなぜ?仕組みや理由を解説!

不動産を購入するときは、物件価格や税金などのほかに、不動産会社に支払う仲介手数料を見込むのが一般的です。
不動産の売買は、物件選びや契約交渉など多くの場面で専門知識が欠かせません。
不動産は金額の大きいので、トラブルに巻き込まれないかなど不安に感じている方も多いのではないでしょうか。
安心して取引を進めるために、経験豊富な不動産会社が売買のサポートに入る仕組みを仲介といい、手数料がかかります。
しかし、仲介手数料無料の売買物件も存在します。
なぜ仲介手数料無料でも成立するのでしょうか。
この記事では売買仲介手数料について、その仕組みや仲介手数料無料になる理由、少しでも安くするための交渉方法についてわかりやすくご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

売買で仲介手数料無料になるのはなぜ?~仲介手数料の仕組み~

売買で仲介手数料無料になるのはなぜ?~仲介手数料の仕組み~

なぜ仲介手数料は発生するのでしょうか。
不動産会社が買主をサポートする業務は、希望に合った物件選びから始まり売主との条件交渉、契約書締結など多岐にわたります。
めでたく売買契約が成立したときに、これら一連のサポート業務に対して仲介手数料を支払う仕組みです。
仲介手数料は成功報酬なので、不動産会社は売買契約が成立しないかぎり仲介手数料の請求をすることはできません。

仲介手数料の計算方法
仲介手数料の金額は宅建業法によりその上限額が決められており、次のように計算します。


仲介手数料の計算式

●取引額が200万円以下の場合:取引額の5%
●取引額が200万円超から400万円以下の場合:取引額の4%
●取引額が400万円超の場合:取引額の3%


売買価格によって手数料率が異なるため、価格帯ごとに分けて計算しなければならず手間がかかります。
そこで、もっとスピーディーに計算できるよう編み出された仕組みが「速算式」です。


仲介手数料の速算式

●取引額が200万円以下の場合:取引額の5%
●取引額が200万円超から400万円以下の場合:取引額の4%+2万円
●取引額が400万円超の場合:取引額の3%+6万円


速算式を使って、6,000万円の物件を購入した場合の仲介手数料を算出してみましょう。
取引額の3%+6万円
=6,000万円×3%+6万円
=186万円

売買で仲介手数料無料になるのはなぜ?~仲介手数料無料の理由~

売買で仲介手数料無料になるのはなぜ?~仲介手数料無料の理由~

不動産会社が仲介に入っている限り、ほとんどのケースで仲介手数料が必要です。
しかし稀に、「仲介手数料無料」と記載されている物件があります。
不動産会社の収入源となるはずの仲介手数料が無料になるのはなぜで、どのような理由があるのでしょうか。
理由は物件によってさまざまですが、仲介手数料無料とする背景には共通して「物件を早く買ってもらいたい」という売主の思惑が作用しています。

売主からも仲介手数料が入るため
売主・買主両方の仲介を同一の不動産会社がつとめる売買取引は多々あります。
その場合不動産会社は、買主だけでなく売主にも仲介手数料を請求できる仕組みです。
しかし買主側の仲介手数料無料にして早期に売買を成立させれば、買主・売主双方から好評を得られ、次の案件を獲得できる足掛かりになります。
ひとつの売買取引で両方から仲介手数料をもらう短期的な利益よりも、将来的なビジネスで得られる長期的な利益を優先させる理由から、不動産会社は仲介手数料無料とすることがあるのです。

仲介を入れずに売主から直接買うため
売主が不動産会社であるなどの理由で売主から直接物件を購入する場合は、仲介が不要です。なぜかというと仲介となる不動産会社は必要ないからです。
そのため当然仲介手数料無料となります。
しかし売主が不動産会社の場合は売買取引のプロフェッショナル相手に交渉をしなければならないため、不利な条件で契約しないよう注意する必要があります。
また売主の不動産会社は早く売りたいがために強気の営業をかけてくる可能性があり、冷静な判断力も求められます。
初めて不動産売買を経験する方にとっては、とても難易度が高い取引になることが予想されます。
心配な場合は、信頼できる不動産会社に仲介として入ってもらう方が良いでしょう。

売買で仲介手数料無料になるのはなぜ?~仲介手数料無料のメリット~

売買で仲介手数料無料になるのはなぜ?~仲介手数料無料のメリット~

仲介手数料が無料になればメリットが期待できます。
なぜならば金銭の負担が大幅に減るため、浮いたお金を有効活用することができるからです。
ここからは、仲介手数料無料の場合に得られるメリットと、有効なお金の使い道をご紹介します。

ワンランク高級な物件を購入できる
仲介手数料として支払い予定だったお金を物件の購入費に上乗せすれば、当初予算よりもワンランク高級な物件にも手が届くようになります。
「内見をして理想的な物件だったけど、予算が合わない…」とあきらめていた方にとっては嬉しいメリットですね。

住宅ローンの負担を軽減できる
仲介手数料が浮いた分を住宅ローンの頭金に回す方法もメリットがあります。
住宅ローンは頭金の金額が多いほど借入金を抑えることができるため、ローン返済にかかる負担を減らせる仕組みです。
金融機関によっては支払い利息の軽減などの優遇を受けることも可能です。
自分の収入や金利が将来にわたってどのように変動するか正確に予測することはできません。

先行きが不透明な中できるだけ借入金を減らして早めに完済することは、大きな安心材料になるのではないでしょうか。

中古物件を購入する場合、リフォーム費用にあてられる
中古物件の場合購入してすぐに入居するケースは少なく、修繕や間取り変更などのリフォーム工事を行ってから入居するケースがほとんどです。
築年数が古い物件は古い配管の交換や、設備の修復など、たくさんの箇所を修繕しなければなりません。
とくに水回りの修繕については、家全体の耐久性に大きな影響をおよぼします。
仲介手数料のかわりにリフォーム予算が増やせれば十分な修繕が実施できるのはもちろん、インテリアにもこだわって自分らしい空間をつくれることがメリットです。

家具や家電の購入資金に回せる
新居を購入した後は、間取りにあった家具や家電に買いかえるなどなにかと物入りです。
ひとつひとつの値段は数万円ですが、塵も積もれば山となります。
家具や家電をすべて揃える総額は、家族世帯の場合100万円程度かかるといわれています。
とくにエアコンは1台取り付けるのに6~15万円ほどかかるため、部屋数に比例して負担が増える仕組みです。
仲介手数料のかわりに家具家電費用にお金を使うメリットは、快適で便利な生活が手に入ることでしょう。

貯金や教育費など住宅以外の必要経費にあてる
住居に関連する費用の他に、貯金や教育費など生活の必要経費として活用する方法もメリットがあります。
多くの方にとって住宅を購入するタイミングは、結婚や出産、仕事のリタイアなど人生の転機がきっかけになっています。
それぞれのライフプランにあったお金の使い方ができれば、その後の人生も安心して過ごすことができますね。

まとめ

不動産売買でのなぜ仲介手数料無料になるのか、その理由やメリットについて解説してきました。
仲介手数料は、不動産会社が提供するサポートやサービス提供に対して支払う成功報酬型の仕組みです。
仲介手数料は上限額があるものの下限額は設定されていません。売主がすぐに売却したい物件などは、仲介手数料無料や値引きをして取引のスピードを重視する不動産会社も存在します。
仲介手数料無料になれば、浮いたお金を住宅ローンの負担軽減や家具家電購入費用に回せるなど買主にとって多くのメリットがあります。
しかし強引に仲介料無料を求めると、不動産会社の意欲が減退しサービスの質が低下してしまう恐れがあります。
多くの方にとっては最高の物件を購入することが本来の目的だと思いますので、仲介手数料だけにこだわって全体のバランスを見失わないようにしましょう。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|野島公園駅周辺の住みやすさは?評判や治安・利便性をチェック!   記事一覧   不動産売買で消費税がかかるケースと仲介手数料無料のカラクリ|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 仲介手数料無料とは
  • 物件価格の割引について
  • 未公開物件とは
  • 更新情報

    2020-02-16

    お問い合わせはフリーメール、ニックネームでもかまいません。ぜひ、ご希望物件詳細を会員登録や


    「info@kenone.co.jp」「http://www.kenone.co.jp/member/ 」から

    ご連絡下さい。お電話でも対応可能です


    「050-3552-7312」「080-7058-7312」までお気軽にご一報下さい!



    LINEでの対応も可能です!こちらのリンクにアクセスするか、

    添付のQRコードをスキャンしてください!


    2019-11-04
    建和(けんわ)ホームページは売主様の意向や、容量の問題でごくごく一部の物件しか掲載されていませんが、ホームページとは別に流通物件の全てがリアルタイムでネットげご覧いただけるシステムを導入しています。
    「仲介手数料最大無料」でご紹介できる物件は、東京、神奈川全域で2万件以上ございます!ただし広告ができる物件はごくわずかです、、
    建和(けんわ)では全ての流通物件がリアルタイムでネットでご覧いただけるシステムを導入しています。


    フリーメール、ニックネームでもかまいません。ぜひ、ご希望物件詳細を「info@kenone.co.jp」か「http://www.kenone.co.jp/member/ 」からご連絡下さい。
    お電話でも対応可能です
    「050-3552-7312」「080-7058-7312」
    までお気軽にご一報下さい!





    更新情報一覧

  • 会員バナー
  • 売却査定
  • お問い合わせ
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 会社概要

    会社概要
    建和株式会社
    • 〒220-0023
    • 神奈川県横浜市西区平沼1丁目13-18
      フォルテ21 3階
    • TEL/050-3552-7312
    • FAX/-
    • 神奈川県知事 (2) 第28726号
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • 内部ブログ
  • アクセスマップ
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る