横浜市で不動産売買をお考えなら仲介手数料最大無料の建和株式会社 > 建和株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 中国発 不動産バブル崩壊か (日経新聞記事)

中国発 不動産バブル崩壊か (日経新聞記事)

≪ 前へ|みなとみらいスマートフェスティバル 2023   記事一覧   ペアローンで住宅を購入するメリットとデメリット|次へ ≫

中国発 不動産バブル崩壊か (日経新聞記事)

【上海=土居倫之】中国で金融リスクの火種が膨らんでいます。経営再建中の中国恒大集団は8月17日(木)、米国で連邦破産法15条の適用を申請しました。不動産などで運用し、個人や企業が投資目的で保有する信託商品の一部では償還停止が表面化しました。不動産不況を発火点に金融システムへの不安が広がっています。
 破産法15条は外国籍の企業を対象とし、適用により訴訟や差し押さえを回避して米国内の資産を保護できる。6000億元(約12兆円)を超える恒大の有利子負債のうち、米ドルと香港ドル建ては27%にのぼります。
 恒大は8月18日(金)、破産法の申請は債務再編の一部分であり「破産申請ではない」とコメントを発表しました。8月28日に予定する外貨建て債務再編の協議を有利に進める狙いです。
 中国では不動産最大手の碧桂園(へきけいえん)控股(カントリー・ガーデン・ホールディングス)が2023年1~6月期に450億~550億元の最終赤字見通しを発表するなど、開発会社が軒並み苦境に陥っています。日本経済新聞の集計では、不動産販売上位10社に恒大を加えた11社の負債総額は2022年末時点で10兆元を超え、中国国内総生産(GDP)の1割近くにのぼります。
 不動産不況の影響は金融当局の監督が相対的に緩いシャドーバンキング(影の銀行)(ノンバンクのことです)にも波及しました。信託大手、中融国際信託が運用する信託商品の一部が償還停止となり、投資家が支払いを求めて殺到しました。
 中融国際は顧客から預かった信託資産6293億元の11%を不動産、8.5%をインフラ関連で運用しています。中融国際の主要株主で炭鉱業や金融業を手掛ける民営複合企業、中植企業集団に資金の一部がまわっていた可能性も指摘され、中植集団の資金繰り問題が浮上します。
 中国の信託商品は預かり資金を企業融資や債券などの形で運用し、損失が出ても信託会社は補填しないのが原則です。多くの個人投資家が保有する信託商品で損失が広がれば消費不振など一段の景気減速を招きかねないです。
 中国の不動産市況は中国政府が2020年夏に導入した融資規制によって急速に悪化しました。資金不足となった開発会社がマンション建設を途中で放棄する事例が頻発し、消費者の住宅購買意欲が冷え込んでいます。新築販売面積は1~7月に前年同期比4.3%減と低迷が続きます。
 民生証券研究院の推計によると、中国の家庭1戸当たり住宅保有数は24年に節目の1戸を超え、1.02戸となる。中国は人口減とともに家余り時代に突入し、これまでのような値上がりを見越した投資目的の需要は見込みにくくなっています。
 中国工商銀行など四大国有銀行の2022年末の不動産業界向け不良債権残高は前年比6割増え、直近10年で最大になりました。不動産販売の落ち込みが激しい地方に拠点を置く非上場の中小・零細銀行の状況はさらに厳しいとみられます。地方政府傘下のインフラ投資会社「融資平台」が抱える隠れ債務も膨らみます。
 金融当局は市場の動揺を抑えるため対応に追われています。中国人民銀行(中央銀行)は8月17日に公表した四半期ごとの金融政策執行報告で「一部企業が経営危機に陥っている」と認めたうえで、リスク解消と防止を強調しました。
 中国は不動産不況に伴う景気減速に対応するため緩和的な金融政策を打ち出している。8月21日に発表する事実上の政策金利である8月の最優遇貸出金利(LPR、ローンプライムレート)を引き下げる可能性が高いです。
 米国との金利差拡大で人民元は売り圧力が強まり、8月17日の上海外国為替市場で一時1ドル=7.318元と2022年11月に付けた安値(7.328元)に迫った。人民銀は過度の元安を防ぐため、上海市場で取引の目安となる「基準値」を8月18日に7.206元と元高・ドル安方向に設定しました。
 経済の安定を重視する習近平(シー・ジンピン)指導部は国内での法的整理を通じた抜本的な不動産開発会社の経営再建に消極的です。問題を先送りすれば水面下で不良債権を膨らませ、中国経済の将来のツケをより大きくしかねないです

第一生命経済研究所
首席エコノミスト 永濱氏のコメント

一言でいいますと、約30年前の日本に似ていると
具体的にいいますと、不動産バブルが崩壊して色々な分野で巨額な不良債権が積み上がり、かなり金融的に
厳しい状況になっているのが中国経済になります
1990年代初めから、大手中国不動産会社は、世界不動産ブームの恩恵を受けてどんどん中国の目覚ましい
成長の証となった
さらに、中国人は利殖のための信頼できる選択肢ばがなくて、どんどん不動産投資を行なっていった
こういった不動産投資のために、不動産会社はどんどん不動産を作り続けていったが、どんだけ中国人が多いからと言って、作っても売れなければ不動産会社は借入金だけ膨らんでいき、投資家への利払いと
金融機関への返済ができなくなってしまった状況になっているのが今です
2020年から政府の厳しい、不動産政策の影響で、「住宅は住むためのもので投資対象ではないと」これにより不動産を複数買う人がいなくなり、売れなく在庫だらけになり、野菜もつけますと言って、叩き売りがはじまったが、手を変え品を変えと工夫していったが、契約が増えなかった
1990年から約30年間、いままでずっと自転車操業でやってきたが、遂に創業以来の最大級の危機だそうです
未完成でもどんどん売れて次の、プロジェクト資金に充てていたが、在庫だらけで資金回収できなくなり、破産しそうな感じだそうです

中国経済のバブル崩壊の日本の影響は、日本から中国への輸出量が減ったり、中国人が日本国への旅行者が減り、インバウンド関連の痛みが出たりするが可能性があります
日本の株価や不動産価格の高値への影響が出るかは、今後とも注意していく感じとなります
もしかしたら、2023年が一番高い時だったかもしれません
2008年の時も、ちょうど日本のお盆時期に、大手不動産会社が民事再生とか言い始めて、翌月にリーマン・ブラザーズが破綻しました約63兆円でした、今回は、どうなるかわかりませんが9月も中国の不動産会社と金融機関には、注意していく感じになります




≪ 前へ|みなとみらいスマートフェスティバル 2023   記事一覧   ペアローンで住宅を購入するメリットとデメリット|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 仲介手数料無料とは
  • 物件価格の割引について
  • 未公開物件とは
  • LINE
  • 更新情報

    2020-02-16

    お問い合わせはフリーメール、ニックネームでもかまいません。ぜひ、ご希望物件詳細を会員登録や


    「info@kenone.co.jp」「http://www.kenone.co.jp/member/ 」から

    ご連絡下さい。お電話でも対応可能です


    「050-3552-7312」「080-7058-7312」までお気軽にご一報下さい!



    LINEでの対応も可能です!こちらのリンクにアクセスするか、

    添付のQRコードをスキャンしてください!


    2019-11-04
    建和(けんわ)ホームページは売主様の意向や、容量の問題でごくごく一部の物件しか掲載されていませんが、ホームページとは別に流通物件の全てがリアルタイムでネットげご覧いただけるシステムを導入しています。
    「仲介手数料最大無料」でご紹介できる物件は、東京、神奈川全域で2万件以上ございます!ただし広告ができる物件はごくわずかです、、
    建和(けんわ)では全ての流通物件がリアルタイムでネットでご覧いただけるシステムを導入しています。


    フリーメール、ニックネームでもかまいません。ぜひ、ご希望物件詳細を「info@kenone.co.jp」か「http://www.kenone.co.jp/member/ 」からご連絡下さい。
    お電話でも対応可能です
    「050-3552-7312」「080-7058-7312」
    までお気軽にご一報下さい!





    更新情報一覧

  • 会員バナー
  • 売却査定
  • お問い合わせ
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 会社概要

    会社概要
    建和株式会社
    • 〒220-0023
    • 神奈川県横浜市西区平沼1丁目13-18
      フォルテ21 3階
    • TEL/050-3552-7312
    • FAX/-
    • 神奈川県知事 (3) 第28726号
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • 内部ブログ
  • アクセスマップ
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

 おすすめ物件


★仲介手数料無料★横浜市西区境之谷62-27

★仲介手数料無料★横浜市西区境之谷62-27 の画像

価格
5,480万円
種別
新築一戸建
住所
神奈川県横浜市西区境之谷62-27
交通
西横浜駅
徒歩14分

★仲介手数料無料★横浜市西区境之谷62-27

★仲介手数料無料★横浜市西区境之谷62-27 の画像

価格
5,280万円
種別
新築一戸建
住所
神奈川県横浜市西区境之谷62-27
交通
西横浜駅
徒歩14分

★仲介手数料無料★横浜市西区境之谷62-27

★仲介手数料無料★横浜市西区境之谷62-27 の画像

価格
5,280万円
種別
新築一戸建
住所
神奈川県横浜市西区境之谷62-27
交通
西横浜駅
徒歩14分

トップへ戻る